同人サークル SkyLove のブログ(3代目)

同人サークル SkyLoveのブログです。 主に4コマ漫画作品を中心に活動しています。その他同人イベント帰りに行きたい所や、その他雑談などを行っています。見に来てください。

1月17日 アジアカップ グループリーグ最終日

残りはグループFとEの第3戦。
先にグループFの2試合を行い、次にグループEの2試合を行います。
(グループ内4チームの2試合同時キックオフです。)


既に決勝トーナメント進出決定しているのは
UAE・タイ・バーレーン・ヨルダン・オーストラリア・韓国・中国・イラン・イラク・カタール・サウジアラビア・ウズベキスタン・日本
そして前日の試合結果で、勝ち点3を上げ、かつ得失点差でグループ内3位中の上位4チームが確定したキルギス

計14チーム 残る席は2つ。

この時点で決勝トーナメント出場の可能性がある残りのチームは

勝ち点得失点差総得点などはグループFの試合開始前の時点です。)

グループリーグ終了

パレスチナ(グループB3位・-3
ベトナム(グループD3位・-1

グループリーグ残り1試合

オマーン(グループF・-2
トルクメニスタン(グループF・-5
レバノン(グループE・ー4
北朝鮮(グループE・ー10

*試合の順序の関係上、先にグループFを記載します。

この6チームの、決勝トーナメントに進出できる条件は以下のとおりです。

パレスチナ

オマーン対トルクメニスタン・レバノン対北朝鮮が共に引き分けになる

ベトナム

オマーン対トルクメニスタン・レバノン対北朝鮮のどちらかが引き分けになる
オマーンが1点差かつ2点以内で勝つ
トルクメニスタンが3点差以内で勝つ
レバノンが2点差以内もしくは3-0で勝つ
北朝鮮が8点差以内で勝つ

オマーン・トルクメニスタン

まずは勝利することが絶対条件・その上で

オマーン
2点差以上もしくは4ー3以上の1点差で勝つ
トルクメニスタン
4点差以上で勝つ

この条件を満たせず勝利した場合は、レバノン対北朝鮮が引き分けになるか、得失点差・総得点で上回れば(後述)決勝トーナメントに進出できる。引き分けの場合は両チーム敗退。

レバノン・北朝鮮

オマーン対トルクメニスタンが引き分けの場合は、勝利した方が決勝トーナメント進出。

オマーンかトルクメニスタンが点差の条件を満たして勝利した場合は、ベトナムの得失点差・総得点を上回らなければならない。その場合は

レバノン
4点差以上で勝つか、5ー2以上の3点差で勝つ。
北朝鮮
9点差以上で勝つ

オマーンかトルクメニスタンが、上記の条件を満たせなかった場合
オマーン1点差勝ちの場合(得失点差ー1)

レバノン・4点差以上か、3点差で総得点で上回る
北朝鮮・9点差以上で勝つ
(ただし理論上では9点差の場合、総得点の差で勝てないこともある。)


トルクメニスタン 3点差以内で勝ち(得失点差ー2以下)

レバノン・トルクメニスタンの点差以上で勝つ。
北朝鮮・トルクメニスタンの点差+5点差以上で勝つ。
(ただし理論上では点差+5の場合、総得点の差で勝てないこともある。)



とにかくできるだけ可能性を考えて表記してみました。

しかしこれでも可能性を100%カバーするものではありません。代表的なのは、勝ち点・得失点差・総得点も並んだ場合です


この場合はカードの数が少ない方が決勝トーナメント進出になりますが、こればかりは出しようがないので、あしからずご了承ください。
他にもカバーしきれていない点があるかもしれません。
本当はグループFの試合の前に発表したかったのですが、体調を崩してしまい、発表が遅れてしまい、本当に申し訳ありませんでした。

しかし、この『3位通過の可能性』については、2019年6月に行われるサッカー女子ワールドカップ・2020年のEURO、また全12チームと半分になりますが、2019年のコパアメリカにも同様の理論が成り立ちます。
女子ワールドカップの際には、このような見方をするのも楽しいと思います。



続きを読む

現在UAEで、サッカーの『アジアカップ』が行われています。
また今回も自分は、こういう大会があるたびにやりたくなることがあります。それは…

リーグ戦・勝ち点の分析

です。

今大会からアジアカップは

出場国24・グループリーグは4カ国×6グループ

決勝トーナメントに進めるのは、各グループ上位2チーム+各グループ3位のうち、勝ち点、得失点差により決まる上位4チーム

今回のキーポイントは、

『グループ3位でも、決勝トーナメントに進めるチャンスがある』

という事です。

今回の決勝トーナメント進出のルールの場合、

『グループリーグ2試合終了時点で、勝ち点4で決勝トーナメント進出が決まることがある』

今までのアジアカップ及びワールドカップのグループリーグのルールでは、勝ち点4(1勝1分け)では、決勝トーナメント進出(グループ2位以内)が決定することはありませんでした。

しかし、今回のアジアカップ(及び2015年サッカー女子ワールドカップ、2016年EURO)から、グループ内3位でも決勝トーナメント進出できることがある。

では、

グループリーグ2試合終了時点で、勝ち点4で決勝トーナメント進出が決まる状況とは、

・そのグループリーグ内で3位以内が確定する事。
・他のグループで、グループ3位の勝ち点が3以下のグループが2組以上ある事。

です。
(今回のアジアカップでは、UAEがこの条件に該当しました。)


まずは分かりやすい『他のグループで、グループ3位の勝ち点が3以下』のケースを紹介します。

グループリーグ2戦目終了時で、2勝0敗2チームと、0勝2敗2チームに分かれてしまうことです。

  A B C D 勝ち点
A ー  ・  ○ ○ 6  
B ・ ー ○ ○ 6
C ● ● ー ・ 0
D ● ● ・ ー 0

そうすると、上位2チームの決勝トーナメント進出が決まります。
また、このようなグループの3位は、リーグ最終戦、0勝2敗のチーム同士が勝負して、勝敗が付いたら勝ち点3の3位、引き分けなら勝ち点1の3位になります。
勝ち点4の3位は、同じ『グループ内3位』の中で、このチームより上位になることが確定します。

つまり、このような『グループリーグ2戦目終了時で、2勝0敗2チームと、0勝2敗2チームに分かれる』というグループが2組以上できると『勝ち点4で、3位以内が確定』の場合は、今までとは違い、1勝1分けでも決勝トーナメント進出が決まることがあるのです。

ただし1つ注意事項があります。それは…

『1勝1分けでも、リーグ内3位以内になるとは限らない』

という事です。

組み合わせ、勝敗次第では、以下のとおりグループ内4チームが1勝1分け1敗・勝ち点4で並んでしまうこともあるのです。

  A B C D 勝ち点
A ー  ○  △ ● 4  
B ● ー ○ △ 4
C △ ● ー ○ 4
D ○ △ ● ー 4

この場合は得失点差・総得点・カードの少ない順などで順位が決まります。グループ内4位になってしまうと、勝ち点に関係なくグループリーグ敗退が決まってしまいます。

つまり勝ち点4でグループリーグ内3位以内が確定するには『試合の順序、結果的にこのような可能性が生じなくなった』という事が必要になります。
(今回のアジアカップのUAEは、この条件に当てはまりました。)

また、今回は『グループリーグ2戦目終了時で、2勝0敗2チームと、0勝2敗2チームに分かれる』というグループが4組もできてしまったため、今までだったら消化試合になっていた2敗チーム同士の対戦も、決勝トーナメント進出のチャンスとなる試合になりました。
この4グループのうち、最低でも2グループは1勝でも決勝トーナメントに進出できます。(グループリーグ2試合目終了時点で)しかし引き分けになったら、両チームとも敗退…。(する可能性が高い)


すいません。私、体を壊してしまい、この文章の発表が遅れてしまいました。本来ならグループリーグ2戦目終了時点で発表する予定だったのですが…。
前述のとおり、このような形式は2019年のサッカー女子ワールドカップや、2020年のEUROにも当てはまります。
また、2019年夏に開催されるコパアメリカも、全チーム数が12で、4カ国×3グループなので、この場合も今回の理論が当てはまります。(全12チームの場合、『グループリーグ2戦目終了時で、2勝0敗2チームと、0勝2敗2チームに分かれる』が1グループ生じると、勝ち点4で3位以内確定のチームが決勝トーナメントに出場できる。)

みなさんは、冬コミの帰りに遊園地に行くことはありますか?
最近はイルミネーションを行うことで、冬期間も開園時間を延長している遊園地が増えています。
冬コミのあとは遊園地に行って暮れを楽しもう!!というわけで、私の体験談をお話したいと思います。

何日目の後に遊園地に行く?
自分の場合、冬コミ期間に遊園地に行くとしたら、コミケ2日目の後が多いです。
1日目(29日)は大井競馬場に東京大賞典を見に行きますし、3日目(31日)は早く帰ることにしています。
よって行くとしたら、2日目(30日)のアフターになります。

遊園地のイルミネーションの中にいると、不思議な気持ちになります。
『数時間前は、大混雑の戦場の中にいたんだ』
『今年もあと、30時間で終わるんだ』
『コミケで結構疲れているけど、今年の締めくくり、全力で楽しむ。』(もう1日コミケに行きますが)
そんな事も思い出しますが、イルミネーションに彩られた遊園地の空間だと、そんな事も忘れてしまいます。


ここから先は、自分の失敗談などもお話したいと思います。
続きを読む

いよいよ冬コミが近づいてまいりました。
前に書きました『サークル参加する場合、出発する地域によっては東京に前日入りしなければならない』

主に九州や北海道から参加される方があてはまります。
これから派生するコラムを書きたいと思います。
今回の日程の場合だと、1日目・29日にサークル参加される場合でかつ、当日入りでは間に合わず、深夜バスを使ってもサークルの入場時刻に間に合わない地域から参加する場合です。この場合、28日・前日に東京入りしなければなりません。
せっかく前日に東京に来たんだから、秋葉原とか遊園地とかで楽しむ事も考えられますが、その中でも『競馬を楽しみに』されてる方はいらっしゃるでしょうか。それも綺麗なイルミネーションに彩られ、ライトで照らされた中を馬が駆ける大井競馬場のトゥインクル競馬に。
例えば、2016年までだったら28日に、ナイターもしくは薄暮開催がありました。東京に飛行機で行って、羽田空港で降りて、大井競馬場までモノレールで行って楽しむという方もいらっしゃったと思います。
29日に冬コミにサークル参加される場合は、その日に行われる東京大賞典を見にいけなくなる事もありますので、さらにその後も用事があったり、イベントが終わったらすぐに帰るので『28日が競馬を見に行く唯一のチャンス』という方もいらっしゃると思います。

しかし…
2017年からは、12月28日にはJRA開催が入ってしまいました…。『有馬の次、あります』とかいうキャッチフレーズも作って…。
(大井競馬場でも場外発売は行っていますが、その他のイベントなどが行われていません)
ホープフルSという新しいG1も作って…(2017年に、新たに2レースをG1格上げして、現状G1は24。2週間に1度G1があるという計算。どう考えてもG1を増やしすぎである。)
『せっかく冬コミ期間に大井競馬場に行くことを楽しみにしていたのに…』そんな風に思った方もいらっしゃると思います。

この条件を満たす方は
・冬コミ参加のために、東京に前日入りされる方
・冬コミ1日目の29日にサークル参加される方
・用事がある、他のイベントに行く、早く帰るなどでコミケの期間中に大井競馬場に行けない方。

特に前日入りする場合、自分の用事や仕事などで『夕方じゃないと東京入りできない』という方は、本当に競馬を見るチャンスがなくなってしまいます。
『お昼までに東京入りできる』場合は、JRAの中山競馬場に行って、ホープフルSを見るチャンスがあります。
もしかしたら『28日に中山競馬場に行くために、行きは成田空港、帰りは羽田空港』という方もいらっしゃるかもしれません。
また、前日にコミケの設営に行った後に、競馬に行かれる方もいらっしゃるでしょうか。

それにしても、今まで冬コミのことを『年末締めくくりの大一番』として『有馬記念』と呼んできたのに、このように新設のG1ができてしまったから、冬コミの事を『ホープフルS』と呼ぶの?などと思ったり…。

コミケまであと11日となってしまいました。

皆さん、冬コミの後はどんな所に遊びに行きますか?
秋葉原、池袋、遊園地、水族館、ショッピングモール、展望スポットなど…。

今回のテーマは、コミケに行って、飛行機で帰る場合(国内線に限定します)、どれだけ遊ぶ時間があるか。どんな所で遊べるか。

今回の話をする上でキーポイントになるのは『空港の最寄り駅到着後に、飛行機の搭乗までにかかる時間』です。
やはり年末は、里帰りなどで搭乗するお客さんが多くなりますので、搭乗手続きにも行列ができて時間がかかってしまうそうです。
自分は飛行機に乗ったことはありませんが、口コミ情報だと時間に余裕を持って、飛行機の出発2時間前には羽田空港に到着する必要があるそうです。

そうなると、飛行機の出発時刻などを考慮すると、コミケ後に秋葉原や池袋などといったスポットには行きづらくなります。
『日によっては企業スペースと知り合いのサークルスペースだけ回って12~13時ぐらいには会場を後にし、あとは秋葉原や池袋などで楽しむ』というケースもあるようですが。
しかし、やはり秋葉原や池袋を飛行機出発の3時間前(後述)に後にしなければならないのはネックになります。

そんな中、夏コミ・冬コミ帰りの遊びの『定番』となっているのが、大井競馬場です。
冬コミ1日目の29日には、年末の大一番・東京大賞典があります。その他にもラーメンフェスなど、楽しいイベントもあります。
コミケ会場である国際展示場駅から、臨海副都心線で天王洲アイル駅で東京モノレールに乗り換えて、大井競馬場前で降りて、競馬場に行きます。
国際展示場駅は大変混雑していて、乗車するのに時間がかかるので、競馬場までの移動時間の合計は1時間ぐらいかかります。

大井競馬場で競馬を見てから、モノレールで羽田空港に行って、飛行機で帰る。
特に年末ということで『里帰り』される方もいらっしゃると思います。大井競馬の年末開催は29・30・31日と開催しています。
コミケには29日にだけ参加して、東京大賞典を見て飛行機に乗って里帰りする。あるいは3日間参加して、大井競馬場で締めくくって羽田から飛行機で帰る等、様々なケースが考えられます。
大井競馬場で楽しんでから羽田空港に行って飛行機で帰る場合、モノレールの乗車時間、大井競馬場駅までの徒歩の時間も考慮すると、飛行機の出発2時間30分前には、大井競馬場を後にしなければならなくなります。

続きを読む

↑このページのトップヘ