コロナウイルスの影響で、スポーツなども無観客試合になってしまっています。

trackm3


そこで『スマホを使って観戦できる』というのはどうでしょうか。
こちら葛飾区亀有公園前派出所・単行本59巻に収録の『イベントネットワークコーポレーション』の話をヒントに、このイラストを制作いたしました。

単にスマホで試合を見るだけではなくて、周りの観客の様子なども映したり、応援や歓声なども味わえるように、みんなでスマホで参加します。その様子がスクリーンに映し出されます。
今は通信や映像の技術なども発達し『カメラを通じて映像で参加』というのも格段にやりやすくなりました。
(重たいテレビや、複雑なネット配線なども必要ありません)
こういうので一斉参加して、歓声なども聞こえるようにして、自宅に居ながらスタジアムなどの雰囲気を味わえる。スクリーンの上部のスピーカーから、観客たちの声が流れます。
さらにその上のカメラから『観客席からの見た目』の映像を撮り、スタジアムの音も集音します。
当然、自分以外の観客の歓声も聞こえます。カメラモードを変えれば、他の観客の様子なども見ることができます。

自宅のスマホの前で、みんなと一緒に応援することができます。


trackm4.

プロジェクターを用いるのもいいと思います。劇場などではこのように観客を映し出します。
当然観客側は劇場内の声や音、観客の歓声なども聞くことができます。

そして、これを行う最大のメリットは・・・?




無料で試し読み!漫画・コミック・小説ならDMM電子書籍

こちら葛飾区亀有公園前派出所 59


*アフィリエイトにもご協力ください。アフィリエイトを経由して買い物することは、筆者に対する応援にもなります。
このやり方を行う最大のメリット、それは…。

免疫力が上がり、病気の治りが早くなるかもしれない。

またそれかよ!?

と思われている方もいらっしゃると思いますが、聞いてください。

スポーツの競技場に行って、みんなでチームを応援すると、そのチームが勝ったときはもちろん、負けた場合でも免疫力が上がる。

これまた『ホンマでっか』的な話です。

ここまで結構色々な事を書いてきましたが、これも結構当たっているのではないかと思っています。

前にも書いた

『物事に集中することが、免疫力の強化につながる』

免疫力アップ?発熱時の過ごし方

スポーツの応援というか、

応援に没頭すること

特にみんなが集まっている中で、同調効果により、みんなで楽しんでいる事により、さらに応援に没頭できる。
そしてフローと呼ばれる集中状態になり、それにより免疫力がアップする。
だから『好きなチームをみんなで応援』する事により、免疫力を高めたい。病気を早くなおしたい。しかし、

スポーツは無観客試合、それ以前に病室から出られない。

そんな状況でも安心。

このやり方を取れば、隔離病棟の病室の中からでもスポーツの応援ができます。

もちろん病気に対する対策も怠ってはいけません。
発熱したときは特に水分補給が大事になります。体を冷やしてしまっても行けませんし、これ以上無理だと思ったら、途中でもやめること。

プライバシーなどの問題があるなら、お面などを付けて。
病室の中からでも『みんなと一緒に応援』ができます。これが『物事に没頭』し、免疫力を高め、病気からの回復を早めるカギとなります。

その応援している顔が映っているモニターにホームランボールが飛んできたら、当然それが応援している側にも映りますので、大きく元気づけられることでしょう。(もちろんそれによって機材が壊れたりしないように対策します)選手たちも『病気の人たちに向けて元気の出る一発を』と、気合いが入ることでしょう。相手側のチームのホームランだったとしても、悔しく思っても見事だと讃えましょう。その『相手を讃える』気持ちも大事になるでしょう。

ただしギャンブルはダメみたいです。お金を損したら、それが大きなストレスになりかねない。

このような、最新テクノロジーを取り入れたことをどんどんやるべきです。
前述したように、今はこういう事も格段にやりやすくなっています。
スタジアムや劇場などにこのようなやり方を取り入れることで、どれだけ効果をあげられるのか、何人まで観戦できるのか、スマホを通してもスポーツや応援などの臨場感を楽しめるのか、競技や応援などに『没頭』できるのか、それが病気を治す効果につながるのか、コストパフォーマンス的はどうなのか、未知数な部分はたくさんあります。

しかし当然のことながら、何もやらなければ何も得られません。

もちろん病人側のリスクなども考えなければいけませんが『安全策』を取って何もしないのでは、それこそ何も得られません。

囲碁棋士・井山裕太の名言
『安全は、最善の策ではない』


ましてはここまでコロナウイルスが深刻に広まってしまった以上、何か新しい手を打たなければ状況を打開できません。
今ある、出来ること、今になってできるようになった事を最大限に生かさなければいけません。




THANKS TO

このイラストには、以下の皆様が公開されている素材イラスト等を、それぞれの利用規約に基づき、使用させていただきました。

冷やっこ 様
PixivID:4867281
影依(シャドール)・ヒラメキ 様
PixivID:677303
フェルナンデスの素材置場 様
PixivID:4022616
あわっこ(和泉優香) 様
PixivID:512645
こまごま 様
ID:12313499
ウイッシュ(Wish)様
PixivID:3894140
ひろこ 様
PixivID:9836785
けついぼ 様
PixivID:6168172
青山茜 様
PixivID:4029813
電気式鈴 様
PixivID:44013333
レーヴ・エトランジュ 様
PixivID:40405065
赤狐 様
PixivID:32728264
月橋夜乃 様
PixivID:29071203
弐人 様
PixivID:1258289
ユキト_素材用@ご依頼受付中 様
PixivID:33822658

いらすとや 様

制作された方、関係された皆様方に心より感謝申し上げます。
ゆきむらダイスケ